事件③に対する原告と被告丸川知雄の主張の対比:被告丸川知雄が宿泊費を払わずに帰国したS准教授を特別扱いするために原告の人格を貶めた件

被告丸川知雄が宿泊費を払わずに帰国したS准教授を特別扱いするために原告の人格を貶めた事件に関しては、以前のブログを参照されたい:原告の主張: 被告丸川知雄が主催者側となって開催した国際シンポジウムに際し,原告がS准教授に対して宿泊代支払いの方…

事件②に対する原告と被告丸川知雄の主張の対比:被告丸川知雄が原告に募集情報を隠し、原告の応募を阻止した件

原告の主張: 2013年秋の奨学金制度について,研究科事務が被告丸川知雄を通して原告に申請の意向を照会する際に,被告丸川知雄が原告に連絡せずに一方的に話を断り,原告の利益を損なった問題(甲4-4)。また,2014年秋に被告丸川知雄が江草基金の申請の…

事件①に対する原告と被告丸川知雄の主張の対比:被告丸川知雄がナビール氏のコピペを指摘した原告を罵った件

事件が十数件もあるが、今日はナビール氏のコピペの件を巡って、原告、被告丸川知雄、第三者(東京大学社会科学研究所調査班)の主張または評価を対比する。 事件は以前のブログをご参照されたい。 原告の主張: 原告の投稿論文の査読結果をめぐり,被告丸川…

原告の準備書面(2)提出済み

原告の準備書面(2)および新たな証拠を提出した。被告丸川知雄が裁判所に対して「推測した」と言いながら原告を誹謗中傷したり、話をすり替えたり、言い分をころころ変えている。なので、原告と被告丸川知雄と被告小森文夫の主張(双方が提出した証拠を含む…

あつい

溶けちゃう (。>﹏<。)でも、やりたいことを頑張るべし

全ての真摯なアドバイスと助けに感謝します。

なので、私は諦めません。いろいろはこれからだ(๑•̀ •́)و✧

台風通過後いい天気になりますように

青天白日

被告丸川知雄が「学会大会と東京大学のために招聘講演者たちの宿泊費を立て替えて払った原告の行為は原告が行った業務の中で小さいトラブルであった」と言った。

台風が上陸しました。ちょっと涼しくなりましたね。 で、被告丸川知雄の準備書面(2)を読んでいますが、被告丸川知雄のひどさの深さが測らないものだと気付きました。 今回は海外講演者の宿泊費の立て替えの件です。 もともと学会大会の3名の招聘講演者た…

いろいろ再開する

このみちはどこかへ繋がって行くのかがまだ分からないが、前に進む。

生活が続きます

Morning

被告小森文夫と被告小森文夫の“被告丸山”たち

以下は被告小森文夫の準備書面(1)(2018年7月)に“被告丸山”を言及したところです。

被告丸川知雄が遅刻の理事の便利のためだから院生の名前と携帯番号を公共の場所で無断に掲示することが合理的であると重ねて強調する。

以下は被告丸川知雄の準備書面(2)(2018年7月)の抜粋です。 被告丸川知雄にとって、私みたいな院生に基本的な人権もない。院生の私を人間として尊重する必要もない。 ちなみに、東京大学の赤門総合研究棟は東京大学の赤門に入るとすぐ右手です。 土日は東…

被告丸川知雄が話をすり替えるためにあと何人を巻き込むつもりでしょうか?

被告丸川知雄がいつもすぐバレる嘘をつく。被告丸川知雄の準備書面(2)も引き続き話をすり替えている。被告丸川知雄の主張: ①被告丸川知雄に理由があり、ただしその理由は原告が毎回提出する証拠に沿って変更し続ける。 ②被告丸川知雄は被告小森文夫の評価…

被告小森文夫の準備書面で少なくとも3回も登場した「被告丸山」という人物は誰?

被告小森文夫の準備書面の2ページ目上から7行目に、4ページ目上から13行目に、4ページ目下から2行目に書いてある「被告丸山」は一体誰ですか (。' '。) ?被告小森文夫の新しい仲間ですか?

流石

流石裁判所だね。昨日裁判所が被告丸川知雄に準備書面(は?)を聞いたら、今日午後に提出したそうだ。

被告小森文夫の準備書面

被告小森文夫がやっと準備書面を渡してくれましたが、その準備書面で被告小森文夫が被告小森文夫なりの“原則”を決めて、被告丸川知雄は被告丸川知雄で被告小森文夫は被告小森文夫だと主張し、被告丸川知雄がどうなるかはともかく、被告小森文夫だけを先に解…

被告丸川知雄は裁判所を無視し、被告小森文夫は原告を無視する。

被告小森文夫は副本を用意せず、被告丸川知雄は裁判官が決めた提出締切を過ぎた。 今日は被告丸川知雄および被告小森文夫の準備書面の提出締切です。前回に裁判官が法廷で被告丸川知雄および被告小森文夫の代理弁護士たちに2018年7月9日までに準備書面を提出…

地震

揺れてる…

鏡にかけてみるが如し

どこのだれにも関わらず、たとえ社会的地位の高い人物だとしても、悪いことをしたら、いつか公の場でバレてしまう。 たとえ相手方が東京大学の教授だとしても。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6288788 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000…

東京大学社会科学研究所の“雑件”

そうか、東京大学社会科学研究所にとっては、ハラスメント研修会は“雑件”なのだ。 出所:http://jww.iss.u-tokyo.ac.jp/overview/pdf/2018/summary20180517.pdf emmm〜〜〜だからね……

6月ガンバッタ

今月中にやりたいこと、やるべきこと、やらなければならないこと、やってみようとすること、ほぼ全部やり遂げた(ちょっとやり残したこともあるが、来月頑張り続ける)。 6月の最後の日は少しゆっくりしようかな。 平成最後の夏に突入〜

腕がある(かも)+所謂使命感=全てを恣にできる?

今日は「ブラックペアン」最終話へのささやかな感想で、申立の件の話ではありません。 「ブラックペアン」最終話を観て、佐伯教授の言葉にやはり違和感があります。 才能がある+(俺がやらないと、誰がやる?やれる人がいる?という)使命感=素晴らしい人?…

最も速い vs. 最も遅い。最近とあるメーリングリストのメンバーがほぼ全員ROMだ。

先週とある議事録(4月分)を添付し、とある(いつもの)メーリングリストの全員にメールを送って、その議事録に書かれたことに関して確認してみたら、ずっと返事をもらっていない。 今日、アップされた5月分の議事録に確認してみたら、冒頭で先月の議事録を…

行政不服審査法 BY 総務省

①審査請求書を大学に提出し、大学が私の審査請求書と東大の意見書を総務省に提出する(東大担当部署によりますと)。 ②審査請求書を総務省に直接に提出し、総務省に大学の担当部署に東大の意見書を要求してもらう(これもありありかな)。 http://www.soumu.…

空飛ぶタイヤ、真相を突き止める。

「空飛ぶタイヤ」、いろいろ共感します。 6月頭に今年度の東京大学ハラスメント防止委員会委員長にもう一度メールを送りました。未だに一言の返事ももらっていません。彼らは内部調査で被告小森文夫を調査しているか、それとも…… 公の場で行為をしたと認めた…

乗り越えなければならない「いまの日々」も大切にする

いろいろ難しいけれど、泣き寝入りより向き合って頑張るほうがいい。そのうちに何かが見えてくる、きっと。

被告小森文夫の謎のような代理弁護士たち(何の方陣だったのでしょうか)

まず、前回と今回の被告丸川知雄と被告小森文夫の代理弁護士のみなさんの座り方は下図の通りです。 今回は口頭弁論を行う予定だと前回の最後に言われましたが、被告小森文夫の代理弁護士Aさん(男性、40~50代)は被告小森文夫の代理弁護士Bさん(女性)が産…

前回より、今回いらっしゃった人が増えた。

いろいろ、後日に書きます。 応援してくれた方々へ、ありがとう。 つづき ps さすがTDSC、注目度が高い

133

58+17+58=133

大切なのはやり遂げること

希望があるからやるのではなく、諦めずに頑張り続けると、いつか希望が見えてくる。