被告小森文夫の準備書面で少なくとも3回も登場した「被告丸山」という人物は誰?

被告小森文夫の準備書面の2ページ目上から7行目に、4ページ目上から13行目に、4ページ目下から2行目に書いてある「被告丸山」は一体誰ですか (。' '。) ?被告小森文夫の新しい仲間ですか?

流石

流石裁判所だね。昨日裁判所が被告丸川知雄に準備書面(は?)を聞いたら、今日午後に提出したそうだ。

被告小森文夫の準備書面

被告小森文夫がやっと準備書面を渡してくれましたが、その準備書面で被告小森文夫が被告小森文夫なりの“原則”を決めて、被告丸川知雄は被告丸川知雄で被告小森文夫は被告小森文夫だと主張し、被告丸川知雄がどうなるかはともかく、被告小森文夫だけを先に解…

被告丸川知雄は裁判所を無視し、被告小森文夫は原告を無視する。

被告小森文夫は副本を用意せず、被告丸川知雄は裁判官が決めた提出締切を過ぎた。 今日は被告丸川知雄および被告小森文夫の準備書面の提出締切です。前回に裁判官が法廷で被告丸川知雄および被告小森文夫の代理弁護士たちに2018年7月9日までに準備書面を提出…

地震

揺れてる…

鏡にかけてみるが如し

どこのだれにも関わらず、たとえ社会的地位の高い人物だとしても、悪いことをしたら、いつか公の場でバレてしまう。 たとえ相手方が東京大学の教授だとしても。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6288788 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000…

東京大学社会科学研究所の“雑件”

そうか、東京大学社会科学研究所にとっては、ハラスメント研修会は“雑件”なのだ。 出所:http://jww.iss.u-tokyo.ac.jp/overview/pdf/2018/summary20180517.pdf emmm〜〜〜だからね……

6月ガンバッタ

今月中にやりたいこと、やるべきこと、やらなければならないこと、やってみようとすること、ほぼ全部やり遂げた(ちょっとやり残したこともあるが、来月頑張り続ける)。 6月の最後の日は少しゆっくりしようかな。 平成最後の夏に突入〜

腕がある(かも)+所謂使命感=全てを恣にできる?

今日は「ブラックペアン」最終話へのささやかな感想で、申立の件の話ではありません。 「ブラックペアン」最終話を観て、佐伯教授の言葉にやはり違和感があります。 才能がある+(俺がやらないと、誰がやる?やれる人がいる?という)使命感=素晴らしい人?…

最も速い vs. 最も遅い。最近とあるメーリングリストのメンバーがほぼ全員ROMだ。

先週とある議事録(4月分)を添付し、とある(いつもの)メーリングリストの全員にメールを送って、その議事録に書かれたことに関して確認してみたら、ずっと返事をもらっていない。 今日、アップされた5月分の議事録に確認してみたら、冒頭で先月の議事録を…

行政不服審査法 BY 総務省

①審査請求書を大学に提出し、大学が私の審査請求書と東大の意見書を総務省に提出する(東大担当部署によりますと)。 ②審査請求書を総務省に直接に提出し、総務省に大学の担当部署に東大の意見書を要求してもらう(これもありありかな)。 http://www.soumu.…

空飛ぶタイヤ、真相を突き止める。

「空飛ぶタイヤ」、いろいろ共感します。 6月頭に今年度の東京大学ハラスメント防止委員会委員長にもう一度メールを送りました。未だに一言の返事ももらっていません。彼らは内部調査で被告小森文夫を調査しているか、それとも…… 公の場で行為をしたと認めた…

乗り越えなければならない「いまの日々」も大切にする

いろいろ難しいけれど、泣き寝入りより向き合って頑張るほうがいい。そのうちに何かが見えてくる、きっと。

被告小森文夫の謎のような代理弁護士たち(何の方陣だったのでしょうか)

まず、前回と今回の被告丸川知雄と被告小森文夫の代理弁護士のみなさんの座り方は下図の通りです。 今回は口頭弁論を行う予定だと前回の最後に言われましたが、被告小森文夫の代理弁護士Aさん(男性、40~50代)は被告小森文夫の代理弁護士Bさん(女性)が産…

前回より、今回いらっしゃった人が増えた。

いろいろ、後日に書きます。 応援してくれた方々へ、ありがとう。 つづき ps さすがTDSC、注目度が高い

133

58+17+58=133

大切なのはやり遂げること

希望があるからやるのではなく、諦めずに頑張り続けると、いつか希望が見えてくる。

被告小森文夫:仮に裁判所がこれ(謝罪)を命じるとすれば,それは憲法19条に反することとなる

訴状を提出した一週間後、裁判所から謝罪請求の手続費として12000円を追加支払うことが要求されたので、私は追加手続費を支払いました。 裁判所の方によると、裁判長が被告丸川知雄の謝罪請求と被告小森文夫の謝罪請求それぞれに120万円という金額をつけたの…

訂正した準備書面を提出した。いろいろ大変だけど、いまを乗り越えよう。

先ほど訂正した準備書面を提出しました。すこし安心しました。 被告丸川知雄と被告小森文夫は4名の弁護士を雇っています。 弁護士の人数で私にプレッシャーをかけるつもりでしょうか。 確かに、被害者の私にとって、書証となるメールのやりとりを一通一通印…

被告丸川知雄:君が言ってることとS先生が言ってること、どちらが信憑性があるか君自分自身も分かるのだろう。パターン(2)

この件を要約すると、被告丸川知雄が他人の過ちで私を誹謗・中傷し、私の人格を貶めたということである。 国際シンポジウムに際し、私は事前にゲストS先生にS先生の旅費や手当や山上会館宿泊手続などをメールで説明した。S先生本人から「分かった」というメ…

アジサイがまだ見頃となっている

今までのいろいろを思うと感無量な気持ち

被告丸川知雄:こういう報告や訴えを私に読ませる必要があると思いますか? 被告小森文夫:日常的にお互いの認識を確かめ合い,同じ認識となるような努力が不足していたと判断できる。パターン(1)

他人のコピペ行為を指摘した私を罵ったことや、何度も私の個人携帯番号を多数の他人に公開させようと、私の個人パソコンを学会で知らない人々に共用させようと強要したこと以外、被告丸川知雄のハラスメント行為は、例えば、・国際シンポジウムに際し、私が…

普通の日曜日

いろんな準備から一休みをしたいので、散歩に行ってきた。 五月祭が相変わらず賑やかで、年末年始の明治神宮みたい。 学生たちの楽しそうな姿を見て、三分の一は寂しさ、三分の一は羨ましさ、残る三分の一は悔しさ。一つ気づいたこと。 私が許せないのは、楽…

東京大学丸川知雄教授がメールで苦言を呈した「ちょっとコピペをしたことぐらいは気にしません」というはこのようなものである(以前のブログの補足説明)

annoiell.hatenadiary.jp 以前ブログに書いた「東京大学丸川知雄教授は「ちょっとコピペをしたことぐらいは気にしません」とメールで院生に苦言を呈する 」に関して、ナビールさんがコピペした書評およびナビールさんが授業で配ったレジュメを照らし合わせな…

被告小森文夫:最終審議をした。東京大学:その資料が存在しない。

15-1号案件の全学調査班報告書に被告小森文夫が「2015年8月3日に本案件に関する最終審議」と書いてある。しかし、東京大学の総長からの開示決定通知書によると、「2015年8月3日にハラスメント防止委員会は開催されておらず、当該する文書は不存在である。」…

以前既に開示してくれた東京大学ハラスメント防止委員会の開催日を不開示とすると昨日伝えられた...

昨日、ハラスメント防止委員会およびハラスメント防止委員会幹事会の開催日、場所などについては不開示とすると伝えられました。 しかし、例えば、下図の通り、以前東京大学ハラスメント防止委員会委員長(当時の委員長)が送ってくれた文書で既にハラスメン…

東京大学総長からの情報開示決定通知書

これで被告丸川知雄と被告小森文夫を訴える意志がますます強くなる。つづく

晴れない日もあるが、太陽はそこにある。

私はただ諦めたくないです。あきらめられないです。諦めないです。この世にはどうしても許せない行為があるのです。私はどうしてもやり遂げたいことがあります。自分の人格・人権を自分で守り抜きます。

東京大学丸川知雄教授が院生の個人携帯番号を掲示・公開したり、繰り返して院生の私物の共用を要求したりしたことを認めた。

下図のとおり、被告丸川知雄は答弁書・準備書面で院生の個人携帯番号を不特定多数者が接近できる状況に置いたり、繰り返して院生に個人携帯番号の掲示・公開や個人パソコンの提供を要求したを認めたが、これらの行為が強要ではないと強調した。 個人携帯番号…

一筋の光