冬日可愛い

つづく

夜明け後、十二月にハロー :)

被告丸川知雄の旧知匿名A氏が被告丸川知雄に書面に登場させられた。

被告丸川知雄が書面に「私(被告丸川知雄)は旧知のA氏(ご本人の強い希望によりあえて匿名にしています)からメールで...」と書いてあります。 しかし、被告丸川知雄が次の段落に「XXXXX実行委員会を代表して私(被告丸川知雄)に依頼したものです。」と書き…

申請書に何人を書くかを少し悩んでいましたが…

まぁ〜とりあえず今のところはこの人数でと思って。状況次第にいろいろ調整します。前に進もう。

「職場のパワハラ防止 法制化へ」(ヤフー見出し)ハラスメントを撲滅するために、健全な法制度が必要です。

headlines.yahoo.co.jp 今日ヤフー見出し:パワハラ防止策、企業に義務づけ 厚労省が法制化方針 ハラスメントを撲滅するために、健全な法制度が必要です。 被告丸川知雄に「嫌です」「先生が謝罪すべきです」と直接に言うほど、被告丸川知雄にいじめられます…

今月やることはあと少しです〜

充実した一週間でした

濃密な一週間(五日間)でした。 今週のto-do-listはほぼクリアしました(週末はもう少しほかのことを頑張りますね)。 やはり専門知識を持ち、ロジック的に物事を言う人と会話するのは有益なことですね。 一方、何度も事実無根で私を中傷誹謗した被告丸川知…

逃走中(?)の壁虎

この前にキャンパスで遭遇した逃走中(?)の壁虎以下、別の話。今クールに、ハラスメントや社内のいじめをテーマ・トピックとしてとりあげるドラマ(「獣になれない私たち」、「ハラスメントゲーム」)、それと弁護士をテーマとした作品でパワーハラスメン…

中途半端できないジェットコースターと観覧車、人生はどちらに似ているのでしょうか。

あきらめたら、そこで試合終了ですよ。(安西先生、『スラムダンク』) 夜中、パソコンのキーボードを打っている私は何故か『スラムダンク』のなかの台詞を思い出した。 あきらめたら、ある意味で加害者たちが正当化される。 忍耐力 ≠ 理不尽なことに泣き寝…

タイトル無し

よし、一ついい返事をもらいました。今日はこれで安心して寝ます。ps 明日十月十日で萌の日だって

Der Hauptmann(2017)なかなか興味深い映画でした。

去年の作品でした。他人の大尉軍服を着用した敗残兵Willi Heroldが虐殺者になり、周りの人々を屈させるために、その人たちに共犯者になってもらったという話でした。 Willi Heroldの周りの人々もWilli Heroldが着用していた他人の大尉軍服に屈し、Willi Hero…

社会科学研究所所長&ハラスメント相談所所長

ほ~石田浩教授は東京大学社会科学研究所所長だっただけではなく、東京大学ハラスメント相談所所長でもありますね。 東大TV http://todai.tv/@@search?SearchableText2=石田%20浩 東京大学社会科学研究所石田浩教授(前所長)について - annoiellのブログ 東…

満月

時に雲に遮られても、月がずっとそこにあります。私に諦めさせたい人(もし未だにまだいるのであれば)へ、その考えを諦めてください。近いうちにブログを更新します。

帰り道でいろいろと考えていました。

帰り道に、何かこれまで気がつかなかった方向性が少し見えてきた気がします。 深夜に判断するのを避けたいので、明日考え直します。 諦めたい人は諦めないといけない訳を考え出します。 どうしても諦めたくない人は諦めずに進む方法を考えます。 諦めないか…

事件⑥に対する原告と被告丸川知雄の主張の対比:招聘講演者T氏の来日の件

原告の主張: 原告がT氏の要望に応じて,T氏の来日の航空券を手配した(甲43)。T氏の要望に応じて原告がT氏の成田空港でのウェルカムサービスを手配した(甲44)。その上に,原告が大会の先日にお迎えの詳細に関してT氏に連絡した(甲45)。 さらに,…

新しい発見

来週以降ブログ再開対比も続きますね

原告と被告小森文夫の主張の対比④:被告小森文夫が全学調査班調査報告書の「結論」部分で東京大学ハラスメント防止委員会を誘導した件

被告小森文夫が全学調査班調査報告書の「結論」部分で東京大学ハラスメント防止委員会を誘導しました。 原告の主張: 東京大学ハラスメント防止委員会15-1号案件事実調査班調査報告書」(甲9)の11ページおよび12ページの「4,結論」では加害教授の被告丸川…

原告と被告小森文夫の主張の対比➂:被告小森文夫は原告が申したてたことを隠蔽した件

被告小森文夫は原告が申したてたことを隠蔽しました。 原告の主張: 2015年8月3日に,原告と全学調査班との二回目の面談の時に,原告がその場で以下のような録音データ(合計13件)をご提出し,15分間ぐらいをかけて,社会科学研究所石田浩前所長および社会…

原告と被告小森文夫の主張の対比②:被告小森文夫が一方的に強引に調査を打ち切った件に関して

被告小森文夫が東京大学ハラスメント防止委員会全学調査班班長として調査を行った時に,原告が新しい証拠を提出したにもかかわらず,被告小森文夫が班長の身分を利用して一方的に調査を打ち切った。 原告の主張: 被告小森文夫が原告に対して,二回事実調査…

原告と被告小森文夫の主張の対比①:被告小森文夫の文書偽造という不法行為に関して

原告と被告丸川知雄の主張対比は後10件ぐらいありますが、今日は先に原告と被告小森文夫の主張対比の一部を書きます。 被告小森文夫の文書偽造という不法行為に関して、 原告の主張: 2015年10月31日に原告が受け取った「東京大学ハラスメント防止委員会15-1…

全ての温かい言葉に感謝します。

目の前のいくつやるべきことに集中していましたが(申し立てたことは私の人生にとっては重要ですが、申立が人生の全てではありませんからね)、もちろん申立も諦めません。問題が適切に解決するまで続けます。近いうちに残る案件の主張対比を追加します。最…

事件⑤に対する原告と被告丸川知雄の主張の対比:招聘講演者たちの宿泊費の支払い件

事件に関して以前のブログを参照されたい: 原告の主張: 本来,学会大会の3名の招聘講演者たちの宿泊費は早稲田大学が出すことになっていたが,担当の研究員Z氏がホテルの係りの返事を誤解した(甲40)ため,その日に一番目日本に到着した招聘講演者C先生…

記念すべき一週間でした。

今週、準備書面を無事に提出した。 それと、数通の記念すべき連絡、メール(返事)をいただいた。 やはり被告小森文夫のような人はレアケースの中ののレアケースなのだ。 私が許せないのは被告丸川知雄と被告小森文夫のような人間だ。 被告丸川知雄と被告小…

事件④に対する原告と被告丸川知雄の主張の対比:学会大会の仕事に関して

原告の主張: 被告丸川知雄が被告丸川知雄の準備書面(2)の3の(2)の第二段落では原告の仕事を過少評価した。被告丸川知雄の言動が典型的なパワーハラスメント行為である。 4名の先生たちの渡航だけではなく来日にかかわる全ての仕事の他に,原告は遂行…

事件③に対する原告と被告丸川知雄の主張の対比:被告丸川知雄が宿泊費を払わずに帰国したS准教授を特別扱いするために原告の人格を貶めた件

被告丸川知雄が宿泊費を払わずに帰国したS准教授を特別扱いするために原告の人格を貶めた事件に関しては、以前のブログを参照されたい:原告の主張: 被告丸川知雄が主催者側となって開催した国際シンポジウムに際し,原告がS准教授に対して宿泊代支払いの方…

事件②に対する原告と被告丸川知雄の主張の対比:被告丸川知雄が原告に募集情報を隠し、原告の応募を阻止した件

原告の主張: 2013年秋の奨学金制度について,研究科事務が被告丸川知雄を通して原告に申請の意向を照会する際に,被告丸川知雄が原告に連絡せずに一方的に話を断り,原告の利益を損なった問題(甲4-4)。また,2014年秋に被告丸川知雄が江草基金の申請の…

事件①に対する原告と被告丸川知雄の主張の対比:被告丸川知雄がナビール氏のコピペを指摘した原告を罵った件

事件が十数件もあるが、今日はナビール氏のコピペの件を巡って、原告、被告丸川知雄、第三者(東京大学社会科学研究所調査班)の主張または評価を対比する。 事件は以前のブログをご参照されたい。 原告の主張: 原告の投稿論文の査読結果をめぐり,被告丸川…

原告の準備書面(2)提出済み

原告の準備書面(2)および新たな証拠を提出した。被告丸川知雄が裁判所に対して「推測した」と言いながら原告を誹謗中傷したり、話をすり替えたり、言い分をころころ変えている。なので、原告と被告丸川知雄と被告小森文夫の主張(双方が提出した証拠を含む…

あつい

溶けちゃう (。>﹏<。)でも、やりたいことを頑張るべし

全ての真摯なアドバイスと助けに感謝します。

なので、私は諦めません。いろいろはこれからだ(๑•̀ •́)و✧