:)


広告を非表示にする

だとしても前に進まなきゃ

いろいろ諦められないから、背負って前に進めることにします。

say hello to 2018, a fresh start.

強い者が生きたがるか。生きたがるから強いか。

『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た。

宮沢りえさんが演じた双葉が「死にたくない」「生きたい」ですが、病死した。

双葉みたいな人は死にたい人の気持ちが分からないかな、それともそのようなネガティブな感情を乗り越えたかな。後者でしょう、たぶん。

今朝、目覚めた時に、とっても嫌な感じがした。

でも、今日も無事に充実した一日を過ごした。喜ぶべきだ(か)。

韓国アイドルグループSHINeeのジョンヒョン氏のニュースをみて、記事に書かれたジョンヒョン氏の気持ちが何となく分かったような気がする。

(心)弱い者が死にたがるか。死にたがるから弱いか。

もし私が生きて、やることを一つずつやり遂げたら、私と似てるような状況に陥っている人たちに少しでも励みになるかな。

生きているのであれば、何とかなる。かな。

”Afterall,tomorrow is another day.” 生きてみないと、答えが分からない。

f:id:annoiell:20171221000346j:plain

 

職務を遂行する際に公務員の行為が不当だったら、組織が責任を負うか?

小森文夫被告の答弁書の一部:

f:id:annoiell:20171218083149j:plain

小森被告が班長として責任を果たせずに、委員会に事実を報告しないことなどは、責任は何方にあるのでしょうか?
被告小森が東京大学ハラスメント防止委員会事実調査班班長だから、その身分でどんなこと(例えば、事実聴取の時に丸川知雄氏の立場で丸川知雄氏を庇ったりしたこと)をしても、責任は東京大学が負うということでしょうか?

小森文夫教授(東京大学全学調査班班長):我々報告することできないですかね。できないですね。

http://annoiell.hatenadiary.jp/entry/2017/05/22/122343


申立のことを諦めません。

諦めませんから、これから申立のことを人生の一部にします。

人生の一部ですから、勉強、研究なども頑張り続けます。

 

東京大学石田浩前所長が丸川知雄教授の行為に対する評価

東京大学石田浩前所長が丸川知雄教授の行為に対する評価.mp3 - Google ドライブ

2015年4月6日に東京大学ハラスメント防止委員会に提出したのは、申立書1ページ、陳述書(手書き)11ページ、書証一覧5ページ、メールのプリントアウト等の書証112ページであった。

世の中、偶然と”偶然”が多いですね。

丸川知雄氏と小森文夫氏はある意味で東大の同期かな…

f:id:annoiell:20171204014204j:plain

“事実調査”班班長が事実を隠蔽し、ハラスメント防止委員会のメンバーとしてアカハラを申し立てた院生に対して差別・ハラスメント行為を行いました。

 

 

丸川知雄教授と小森文夫教授の行為がこれよりずっとひどいです…

転載:

東京学芸大教授、アカハラで諭旨解雇 就職活動の妨害も

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9D67CCK9DUTIL05W.html