被告小森文夫と被告小森文夫の“被告丸山”たち

以下は被告小森文夫の準備書面(1)(2018年7月)に“被告丸山”を言及したところです。

f:id:annoiell:20180718011718j:image
f:id:annoiell:20180718011714j:image
f:id:annoiell:20180718011705j:image

被告丸川知雄が遅刻の理事の便利のためだから院生の名前と携帯番号を公共の場所で無断に掲示することが合理的であると重ねて強調する。

以下は被告丸川知雄準備書面(2)(2018年7月)の抜粋です。

被告丸川知雄にとって、私みたいな院生に基本的な人権もない。院生の私を人間として尊重する必要もない。

f:id:annoiell:20180718011108j:image

ちなみに、東京大学の赤門総合研究棟は東京大学の赤門に入るとすぐ右手です。

土日は東京大学本郷キャンパスは世界中の人々に開放しています。

被告丸川知雄が赤門総合研究棟の入り口の外側に貼り紙を行なって、院生の私の名前および携帯番号を無断掲示しました。

f:id:annoiell:20180718011039j:image

被告丸川知雄が話をすり替えるためにあと何人を巻き込むつもりでしょうか?

被告丸川知雄がいつもすぐバレる嘘をつく。

被告丸川知雄準備書面(2)も引き続き話をすり替えている。

被告丸川知雄の主張:

①被告丸川知雄に理由があり、ただしその理由は原告が毎回提出する証拠に沿って変更し続ける。

②被告丸川知雄は被告小森文夫の評価を認め、それ以外の人たちの評価を認めない。

③あと実際東大のXX教授に関連してこういうトラブルがあったよ(被告丸川知雄は誤魔化し話をすり替えるために、根拠無しで第三者、第四者…第n者の話を持ち出す)。

 

原告が証拠を提出し、被告丸川知雄の言い出した物事や言い訳が物理的に成立しないという事実を明らかにした。そうしたら、

 

被告丸川知雄

じゃ、とにかく被告丸川知雄がやったことは大丈夫。

それと被告丸川知雄と原告との間のトラブルが小さいよ。早稲田大学XX拠点と関連しているトラブルがもっと大きいよと、話を他大学の人々にすり替えた。

 

前回被告丸川知雄準備書面1)で社会科学研究所のXX教授を言い出し、無根拠で原告を誹謗中傷したが、この間原告が提出した証拠で被告丸川知雄の嘘がバレてしまった。

そうしたら、今回被告丸川知雄準備書面2)でまた他の大学の方々のことを言い出した。今回被告丸川知雄にやられたのは早稲田大学だ。

 

被告丸川知雄はあとどれほどの人々を巻き込んだら気が済むんだの?


f:id:annoiell:20180716182758j:plain



 

 

 

 

 

 

 

被告小森文夫の準備書面で少なくとも3回も登場した「被告丸山」という人物は誰?

被告小森文夫の準備書面の2ページ目上から7行目に、4ページ目上から13行目に、4ページ目下から2行目に書いてある「被告丸山」は一体誰ですか (。' '。) ?

被告小森文夫の新しい仲間ですか?

被告小森文夫の準備書面

被告小森文夫がやっと準備書面を渡してくれましたが、その準備書面で被告小森文夫が被告小森文夫なりの“原則”を決めて、被告丸川知雄は被告丸川知雄で被告小森文夫は被告小森文夫だと主張し、被告丸川知雄がどうなるかはともかく、被告小森文夫だけを先に解放してくれてって強調しました。他には、例えば、
①被告小森文夫が大学の命令で、ハラスメント防止委員会の事実調査班班長を務めることになりました。
②被告小森文夫は一部の内容の否認を差し控えます。

などなど、書いてあります。

今回も被告小森文夫が国家賠償法を言い出した。つまり、被告小森文夫がやったことの責任は東京大学が取るべしって被告小森文夫が強調しています。
しかし、国家賠償法が適用される場合、被告小森文夫が公務員として公務を行使するとみなされることとなり、

annoiell.hatenadiary.jp
公務を行使する際に、文書偽造をした被告小森文夫がとるべき責任は?

文書偽造の罪 - Wikipedia

 

一方、被告丸川知雄がまだ準備書面を提出していないと言われました。