世の中にはやはり善良な人のほうが多いですね。

人はそれぞれの立場があり、それは理解できないことではないです。

なので、ごく一部の人の悪で多くの人々の善を否定することがないです。

ただ、東京大学ハラスメント相談所の長嶋あけみ相談員の落穽下石の振る舞いは明らかにわざと被害者を苦しめることを通して“えらい”人に媚びへつらう行為です。

「仕方ない」と落穽下石は非常に分けやすいものですから。

近いうちに「東京大学で教授にいじめられたことを申し立てたら、どうすればいいのか。」というテーマで総括を書きます。

近いうちに、総括を書きます。

本来、問題は加害教授だけにあるのに、なぜ証拠に基づいて東京大学に加害教授の行為を申し立てたら、大学の一部の担当者が問題を拡大したのですか。

東京大学で教授にいじめられたことを申し立てたら、どんなことになりますか。
東京大学でどのような部署に申し立てることができるのですか。

所謂ハラスメント相談所で本当に相談に乗っていただけるのですか。

本当はハラスメント相談所が誰の味方ですか。
学内で所謂ハラスメント相談所以外にどの部署のどのような人物が出てくるのですか。

東京大学の担当者たちとの面談の時に注意すべき点は何ですか。

どの部署の担当役員が東京大学ハラスメント防止委員会委員長になりそうですか。
彼らにどのようなことをされるのですか。

小森文夫教授(東京大学全学調査班班長):我々報告することできないですかね。できないですね。 - annoiellのブログ

 

なぜ彼らが言っていることが矛盾ですか。

被告小森文夫:最終審議をした。東京大学:その資料が存在しない。 - annoiellのブログ

以前既に開示してくれた東京大学ハラスメント防止委員会の開催日を不開示とすると昨日伝えられた... - annoiellのブログ

 

東京大学で元指導教員の行為を申し立てたら、どのような報復を受ける可能性があるのですか。
学外に助けを求める時に、どうすればいいのですか。
などなど。


同じ大学の役員だとしても、対応の態度も若干違いますし、担当者の中でも、長嶋あけみ相談員みたいに所謂強者に媚びへつらい、学生を苦しめて、落穽下石の振る舞いをした人もいます。
これまでいじめられた上で振り回されたのですが、今後このようなことを避けるために、整理する必要があります。

本事件でこれまで何人の役員、担当者とやり取りしてきましたし、手元の記録や音声データに基づいて、段階的なまとめとしても整理しておきます。

東京地方裁判所判決&いじめられて苦しんでいる人々へ、辛いことを辛抱している力を問題解決に使ってください。

 

f:id:annoiell:20190805003604j:plain

 

今年の春(口頭弁論終結日)に、法廷で「今あなたは原告に対してどのように思っていますか。」という質問に対して、丸川知雄さんが「何もないです。」と返答しました。

同じ事件に対して、

東京大学社会科学研究所調査班は報告書で「B教授(丸川知雄さん)が,A氏(申立人)の対応につき第三者と比較してA氏(申立人)の人格を貶めような言動があった点」と認定しました。

東京地方裁判所の判決は以下の通りです:

単に、施副教授が「私たちのお客さん」であること自体を根拠として,原告と施副教授の信用性を比較したものというほかなく,その内容は,原告に対する指導や苦言とは程遠いものというほうかない。

さらに,前述イで述べた原告の信用性に関する批判は、前記ウ(ア)及び(イ)の各指摘と併せて読むと,原告において,被告丸川に対して当初の2泊分の宿泊費を償還せず、これをそのまま保持している可能性を示唆するものというほうかない。

以上述べたところを総合すると,前記アのメールは、全体として,原告の使用性につき,原告の人格そのものを批判したものである上,その内容は客観的な根拠を欠き,被告丸川においても、この点を認識することが容易であったものであり,社会通念上許容される範囲を超えて、不法行為としての違法性を帯びるものというほかない。

f:id:annoiell:20190805003637j:plain

f:id:annoiell:20190805003707j:plain

 

口頭弁論終結日に、丸川知雄さんが法廷で「被告は自分が何がいけないかを知っていますか。」と聞かれました。本当に丸川知雄さんの心の中はそれを知らないでしょうか。

 

ここ数年間、自分自身に一番感謝したことは、思い切って丸川知雄さんの研究室を離れたことでした。

でなきゃ、今のところ、私が既にこの世に存在しないかもしれません。 

人格に関わる問題ですから、私はこれまで必死に頑張ってきました。

頑張るしかないのでした。世の中にいい人がたくさんいますが、「村八分」というのも相変わらず存在しています。
問題を解決しないと生きられないという辛い時もありますから、辛いことを苦しんで辛抱している力を問題解決に使ってください。

そして、これからも、一人の人間としての人格・尊厳を守り続けながら、人生を諦めずに頑張っていきます。

 

この事件がきっかけに、たくさんの人たちに出会って、たくさんのことを体験しました。(ここではないかもしれませんが)いずれか次々と公開する思います。私の人生のこの章のまとめとしても、いじめられて苦しんでいる人々への励みと参考としても。

 

 

 

 

 

問題は校内で起きた。解決策は校外にあるか。

校外の東京地方裁判所が判決書を出しました。

東京地方裁判所の判決に対して、一握りの人たちがどうやって懲罰から逃げるかということしか考えていないようです。

ところで、昨日のニュース:

news.yahoo.co.jp

真相を隠そうとすればするほど露呈するのです。

 

 

白い巨塔

夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔」の第一夜を観ました。

個人的には2003年版の「白い巨塔」のほうが好きです。

最近は前半の教授選より後半の裁判のほうが興味深いと思うようになりました。

ただ、2003年版で少なくとも最後に財前五郎教授が恥入り、危篤に陥った際に佐々木庸平さんのことを語り、しかも大学病院に献体しました。

明日は第二夜ですね。つづく。

f:id:annoiell:20190522235853j:plain